Top arukukarada

line_a.gif

line_a.gif


舞踊学の視点から、日常生活に役立つ身体や歩くことについて研究提案を行なう機関です。

強く、美しく、しなやかに床を捉える舞踊表現の技術や感覚は、あらゆる方向の動きの過程を厳密に追求し、そのパーツだけではなく全体のバランスにより成り立たせています。一見無駄だと思われる様な動きも研究し、その軌道をシンプルに切り取ります。スポーツや医療とはまた違った能力を必要としているのです。太古の昔より受け継がれた舞踊の智慧や工夫を日常生活に取り入れ、子どもの発育から成人の健康や美容、予防医療へと活かすことを研究して参ります。 
                                        主宰 久野 真平
【くのしんぺい プロフィール】               1968年生まれ 愛知県出身 東京在住
ロンドン・シティバレエ団、ベルギー王立ワロニーバレエでダンサーとして活動。帰国後”床と身体”の関係を研究し2006年より「Kunoメソッド教室」開校。 ホールアップ法・こんぶ体操・マタニティウォーキングなどを開発。2011年 歩くことと身体の研究所開設